気になるシワもボトックス注射で改善?【人気の高い美容整形】

サイトメニュー

特性を活用

注射器

美容面と医療面に効果

ボトックスの溶剤を注射する事によって期待出来る効果は多岐に渡るもので、美容や医療の分野に於きまして幅広く活用されています。ボトックスの溶剤の持つ筋肉の動きを抑制する特性に着目し、活かせる症状に簡単に施術出来る方法として注射が適していると言う訳です。主に最近注目されているのは、エラの張りを縮小させる事によって得られる小顔効果で、美容整形を手軽で身近な物にしたプチ整形というジャンルの中心となっています。小顔効果以外にも、二の腕や脹脛をスリム化する効果やシワの改善効果などが期待出来ます。これらの美容目的での効果が幅広く知れ渡っていますが、医療の分野に於いても手軽に効果が得られるとして活用されています。医療の分野で効果を発揮しているのが、脳梗塞や脳出血によって起こる症状の改善です。脳梗塞や脳出血の後遺症として現れる、痙縮と言う手足の筋肉のこわばりによる運動障害に効果があり、この場合には厚生労働省の認可を受けた保健適応の治療として、施術を受ける事が出来ます。手軽で美容面や医療面に於いて効果が多岐に渡るボトックス溶剤の注射ですが、恒久的な効果が得られる訳ではなく効果の持続性は数ヶ月程度となります。その為、効果を持続させ続ける為には効果の持続のサイクルに合わせ、施術を継続する必要がありますが何度か繰り返す内に、効果が定着すると言われています。ボトックスの注射用の溶剤には種類があり、開発された国や承認機関に違いによって効果の出方や副作用の出方に違いがあり、費用にも違いがあります。美容整形外科の殆どは複数の溶剤が選べるようになっていますので、医師と相談の上で十分に検討し溶剤を選ぶ事が重要となります。ボトックスの注射による施術は10分以内に終わるのが基本と言う事もあり手軽で、美容整形によくあるダウンタイムに関するリスクの少ないボトックスですが、場合によっては副作用が現れる事があります。それはボトックスの溶剤の量が多すぎた場合で、筋肉の脱力感や体のだるさと言った症状が現れますが、日数の経過によって薄れていく症状になります。